アメリカ女子サッカーのゴールキーパー、ホープ・ソロが家庭内暴力で逮捕


Hope Soloアメリカの女子サッカーのスターでゴールキーパーのホープ・ソロ(32)が家庭内暴力で逮捕された。

20日の午前1時前、シアトルの自宅で行われた親族が集まる大きなパーティーで、姉と17歳の甥と口論になり暴行を働いたという。
警察によると、警察が到着した時に家の中から物がぶつかる音がしており、姉と17歳の甥には目に見える外傷があり、ホープは怒って酔っていたそうだ。

ホープは現在、シアトル市内の拘置所に身柄を拘留され、23日にカークランド市裁判所で裁判が行われると予想されている。

アメリカ女子代表チームにも選ばれ、150以上のゲームに出場してきたホープは、現在シアトル・レインFCに所属している。
日本女子サッカーの川澄奈穂美も2014年8月までの期間限定で所属している。

アメリカのサッカー協会は声明で
「現時点で、我々が出来るコメントはありません。」
と述べている。

best-hope-solo-kept-it-simple-and-classy-1