ジェニファー・ローレンスなど100人以上のセレブがヌード写真などのハッキング被害に!


The Cinema Society & Calvin Klein Collection Host A Screening Of "The Hunger Games" - Inside Arrivalsオスカー受賞者ジェニファー・ローレンスやスーパーモデルのケイト・アプトンなどがハッキング被害に合い、際どい写真が流失してしまったようだ。
流失に至った経路は「iCloud」というクラウドサービスがハッキングされ、匿名画像掲示板「4chan」上に流出。

この件についてジェニファーの広報担当は
「今回の件は、ジェニファー・ローレンスの盗まれた写真を掲載されプライバシーの侵害にあたります。
違法に盗んだ犯人を追求し訴訟を起こす予定です。」
との声明を発表、写真は本物でiCloudのアカウントから盗まれたものだとし、認めている。

被害にあったのはこの2人だけではない。

21歳のアリアナ・グランデも写真スキャンダルの被害者の一人だ。
だが、アリアナの写真は偽物だとアリアナの担当者が確認している。

ヌード写真が掲載されてしまったリストにはセレーナ・ゴメス、キム・カーダシアン、リアーナ、カーラ・デルヴィーニュ、ビクトリア・ジャスティス、テレサ・パーマー、キルスティン・ダンスト、メアリー=ケイト・オルセン、キャンディス・スワンポール、ヘイデン・パネッティーア、ヒラリー・ダフ、ケイト・ボスワース、アヴリル・ラヴィーン、リア・ミシェルなど100人以上のセレブが被害にあっている。

またハッカーは写真を所有しているセレブの名前を掲載したリストを公開している。
全掲載リスト

写真の信憑性は確認されていない。

有名人のハッキング被害は以前もあり、2011年に電子メールアカウントをハッキングし、スカーレット・ヨハンソンやミラ・クニス、クリスティーナ・アギレラなどのセレブの写真を盗んだフロリダ州の男性は懲役10年の刑を言い渡されている。

漏洩した写真のいくつかを確認するには4chanのスレッドへ。