レイトン・ミースター、『ゴシップガール』や子供について答える


08今年2月にアダム・ブロディと結婚したレイトン・ミースターが『ゴシップガール』の事や子供、音楽について答えている。

――ゴシップガールについて
若い頃に『ゴシップガール』に出演していて、シリーズが終わった後、もっとエキサイティングで挑戦的な事をやってみたかったの。
『ゴシップガール』とは違った大人っぽい役もいいなって思ったわ。
だけど、もちろんあの時の感謝の気持ちがあるし、人生で色々経験出来たから良かったと思うわ。

――30に近づいているけど
私の周りの友人はほとんどの人が結婚し始めているの。
次は子供を持つようになるわ。

――映画『Life Partners』で夫アダムとの共演について
私達がこの映画で共演するかなど相談する時間がなかったのよ。
私は、脚本を読んでいて演じる役が好きで映画も好きだった。
その日ミーティングに行っていたら、彼から電話があって「役をもらったよ」って言われたの。

――音楽は演技に比べてどう?
どちらか1つが優れていると言う事はできないわね。
音楽と演技は異なっているものだし。
音楽は作品として出来上がるのが素晴らしいわよね。
演技では自由に出来ない時があるけどね。

――最も影響を受けたアーティストは?
ジョニ・ミッチェル。
スティーヴィー・ニックスとフリートウッド・マックも大好きよ。
ロバート・プラント、レッド・ツェッペリン、トム・ペティ、ニール・ヤング、ケイト・ブッシュも愛しているわ。
小さい頃から音楽に触れてきたの。
父は夕食中に歌を口ずさむ人で、私はその音楽を聞いていたわ。

――俳優出身のミュージシャンとして
俳優出身のミュージシャンだという事を忘れているんだけど、みんなはそう思っていないみたい。
それは、悪いことではないと思うんだけど。
少なくとも私にとっては便利だと思っているわ、どちらかといえばね。
子供の頃から、私は演技をしてきた。
だけど、内部的には圧力を感じる時があるわ。
要は、それが好きであるならば、他の人が何を言おうと関係がないと思う。

レイトン・ミースターの新曲「Heartstrings」


leighton-meester-photoshoot-for-nylon-magazine-november-2014_9 leighton-meester-photoshoot-for-nylon-magazine-november-2014_7 leighton-meester-photoshoot-for-nylon-magazine-november-2014_205 04 06