マライア・キャリーとニック・キャノンが元ナニーに訴えられる


Nick Cannon Mariah Carey 2先月離婚を申請したマライア・キャリーとニック・キャノンが昔雇っていたナニー(ベビーシッター)から訴えられてしまった。
かつての住み込みのナニー、シモネット・ダコスタが訴える理由とは。

訴訟では、シモネットは双子の子供達の入浴や子育てを24時間担当し、マライアとニックの為に働いたと主張。
しかし、シモネットが子供達にあまりにも多くの愛情を注いでしまったので、マライアが嫉妬し、シモネットを叱りつけて2014年1月に解雇したという。

シモネットは、月に6000ドル(約70万)から7000ドル(約83万)の賃金だったが、残業代が支払われておらず、一生懸命働いてたとして、週100時間以上働いた事などの損害賠償10万ドル(約1,100万)を望んでいる。

Mariah Carey Hosts Birthday Party for Husband Nick Cannon at Pure Night club