コートニー・ラブ、娘フランシス・ビーン・コバーンを妊娠中のヘロイン使用を認める


Frances-Bean-Cobain-and-Courtney-Love2コートニー・ラブがカート・コバーンとの間の娘フランシス・ビーン・コバーンを妊娠中にヘロインを使用している事を認めた。

2011年にも、コートニーは妊娠初期の数週間に薬物を使用していたと答えていたが、新しいドキュメンタリー『Kurt Cobain: Montage of Heck』でも認める形となった。

コートニーは答える。
「私は一度薬物を使用し、その後やめたの。
娘は大丈夫だろうと思ったのよ。」

しかし、妊娠中の薬物使用は赤ちゃんの健康にとても危険。
ヘロインは深刻な先天性欠損症や流産を引き起こす可能性がある毒素。

医師も危険サインを出している。
「胎児に薬を使用するのと同じで赤ちゃんの命を危険にさらしています。
ヘロインのような毒素は、出生前損傷、流産、死産、早すぎる死を引き起こす可能性があります。
マリファナなどの薬は、致命的な結果を引き起こす可能性があります。
もちろん、アルコールの危険性も忘れてはいけません。」

Frances-Bean-Cobain-and-Courtney-Love1サンダンス映画祭でのコートニー・ラブとフランシス・ビーン・コバーン
フランシス痩せすぎ!