ラッセル・クロウ、マイケル・ジャクソンからのいたずら電話を明かす


Russell_Crowe

マイケル・ジャクソンはかなりいたずらが好きだったようだ。

マイケルはラッセル・クロウに何回もいたずら電話をしていたよう。
しかし、2人は全く会ったことがないそうだ。

「僕が偽の名前でホテルに泊まっていた時、マイケルは僕の偽の名前を見破ったんだよ。
その後、マイケルからは電話があるんだ。
『ウォール(Wall)さんは、そこにいますか?』『そこに壁(Wall)はありますか?』ってね。
そんなやりとりが2、3年間続いたんだよ。」

2013年にもラッセルは同じような話をしている。

「『緊急事態です、建物から非難してください』と言うから僕は『誰なんだ?』と答えたんだ。
『心配しないで、ラッセル。冗談だよ、マイケルだよ。』ってマイケルから電話があったりしたんだよ。」

マイケルはユーモアの感覚をはるかに越え、幼稚だったとラッセルは考えているそうだ。

Bad-Tour-michael-jackson