ジョディ・スウィーティン、しらふ5周年を迎える


jodie-sweetin_2

過去にアルコールやコカイン、覚醒剤の乱用を認めていたジョディ・スウィーティン(34)。

現在は『フラーハウス』で復活を遂げているが、最近のインタビューで過去の事について語ってくれた。

「この3月でしらふ5周年を迎えたのよ。
現在はとても健康だし、こんな状況に感謝している。
過去に起こった事を振り返ると、クレイジーだったと思う。
最初の妊娠中に実はアルコールを飲んでしまったの。
思い出すだけでひどく沈んでしまうわ。

だけど、私の人生は決してあきらめないための教訓だと思ってる。
私たちは皆、自分の悪魔を持っている。
最終的にそれらを手放すという事を学ぶとき、自由を得るわ。

ジャスティンと私はお互いをサポートしあっているのよ。
本当に素晴らしい関係を持っているの。
私は結婚したいと思っているわ。
それに子供も欲しいと思っているの。」

ジョディが長年苦労していることは周知の事実。
生まれた時、両親は刑務所におり叔父サムとサムの妻に育てられる。
14歳で飲酒を始め、その後エクスタシーに手を出す。
20歳でコカイン、覚醒剤中毒になっていく。
その後、『フルハウス』のキャストメンバーの助けもあり、リハビリセンターに入院、克服。

ジョディは3回結婚し、2人の子供ゾーイ(7)とベアトリクス・カーリン(5)がいる。
現在はボーイフレンドのジャスティン・ホダック(39)と婚約している。
2017年夏頃に結婚式の計画をたてている。

jodie-sweetin_3

婚約者ジャスティンの娘テイタム(16)、ゾーイ(7)、ベアトリクス・カーリン(5)、ジョディ、ジャスティン(左から)

I couldn't do any of this without my she-wolf pack! So glad @andreabarber is here to cheer me on – JS #DWTS #TeamMoSweet #FullerHouse

HollywoodLifeさん(@hollywoodlife)が投稿した写真 –

My special guest! -JS #TeamMoSweet #DWTS #cutitout

HollywoodLifeさん(@hollywoodlife)が投稿した写真 –