エリー・ゴールディング、過去にパニック障害で苦しんだと明かす


Ellie Goulding for Flare Summer 2016_2
エリー・ゴールディング(29)が過去にパニック障害で苦しんだ事を雑誌「Flare」2016年夏号で明かしている。

――キャリアの初期の頃にパニック障害に苦しんだ事について
最初は認知行動療法(CBT)を疑っていたわ。
だってこれまで受けた事がなかったから。
この時、キャリアが上手くいっていた時だった。
環境はパニック障害を引き起こすから、車で横になり、枕で顔を隠さないとスタジオに行くことができなかったわ。

――まだ苦しんでいる?
「Delirium」をリリースしたあと、2回発作に襲われたわ。
けど今は大丈夫。
体が不安をおさえることに上手になっているんだと思う。

――キム・カーダシアンがインスタグラムに投稿する裸のセルフィーをどう思う?
私もそうしたいならば、同じことをする権利があると思うわ。
彼女は、おかあさんで子供がいる。
彼女は、素晴らしく見えるわ。
体のためには一生懸命にワークアウトをして時間を費やしているし、それは美しい事よね。

――ワン・ダイレクションのナイル・ホーランとの恋愛や最近破局したドギー・ポインターなどの話をする事について
みんなが知らないプライベートな事もあるわ。
けど、私はかなりオープンね。
私が一緒にいた人は、これが私だって知っているわ。
だけど、私も女の子のように恐れや不安な部分があるのよ。
何か恐れている事があれば、素直に言うか、ツイッターでつぶやくだけね。

――賞賛する女性アーティストは誰?
私のヒーローはビョークね。
ジョニ・ミッチェル、ドリー・パートン、スティーヴィー・ニックス、ビヨンセ、アデル、もちろんテイラー・スウィフトもよ。

Ellie Goulding for Flare Summer 2016_1Ellie Goulding for Flare Summer 2016_5 Ellie Goulding for Flare Summer 2016_4 Ellie Goulding for Flare Summer 2016_3