ジェニファー・アニストンの母親ナンシー・ダウが79歳で亡くなる


Jennifer-Aniston_3

ジェニファー・アニストンの母親ナンシー・ダウが79歳で亡くなった。(2016年5月25日)

ジェニファーは声明を発表している。
「兄のジョンと私は母親ナンシー・ダウの悲しい発表をしなければなりません。
彼女は79歳で長い闘病生活に耐えた後、家族や友人に囲まれて亡くなりました。
悲しみの間、家族のプライバシーが尊重されるようお願いいたします。」

ダウはニューヨークで1936年に生まれ、60年代の映画に出演しており、ジェニファーの父親ジョン・アニストンとは1965年から1980年まで結婚していた。
離婚はジェニファーが9歳の時だった。

ナンシーは2011年と2012年に脳卒中を発症しており、話しと歩くことに支障をきたしていたようだ。

ナンシーは1999年にジェニファーとの回顧録を出版。
2人の間には亀裂が入り10年近く疎遠だった。
仲が戻ったのはジェニファーの最初の夫ブラッド・ピットとの離婚後だという。

ジェニファーは5月12日にほぼ5年ぶりに母親に会ったそうだ。
ナンシーは2000年のブラッドとの結婚式を欠席、確執を意味していた。
ジャスティン・セローとの結婚式にも母親を招待していなかったと伝えられている。

Jennifer-Aniston_1