ヘロイン中毒だったカーラ・デルヴィーニュのママ


Cara Delevingne for Reserved BOUDOIR GRUNGE Ad campaign (Springカーラ・デルヴィーニュ(20)はロンドンの上流社会出身であり、貴族の血を引き継ぐスタイリストの母パンドラ・デルヴィーニュ(52)の父はイングリッシュ・ヘリテッジの会長、ジョセリン・スティーヴィンス。
しかし、家族は順風満帆ではなかった。

カーラは3人姉妹の末っ子。クロエは28歳で、ポピーは26歳。
カーラのママ、パンドラはヘロイン中毒者だった。
姉妹はヘロイン中毒になってしまった母の戦いの真っ只中で育ったという。
パンドラは、若い頃にヘロインにハマってしまったという。
パンドラがリハビリ中の時は、父チャールズが娘3人の世話をしなければならなかった。
子供達には薬物と戦っている母親の姿は見せたくなかったのか、家族ぐるみの友人ジョン・アスピノールの自宅へ身を寄せていた事もあるという。
カーラの祖父で、パンドラの父ジョセリン・スティーヴィンスはとても頭を悩ませたという。
時にはを麻薬があふれる建物からパンドラを引きずり出して、売人を探し出し、警察に逮捕させ投獄されたことを確認していた事もあった。
ジョセリンはパンドラから麻薬を断ち切るため、どんな事でもし、あらゆる病院に行ったという。

パンドラの弟ルパートは、出生時に脳損傷を受けており、22歳で死亡し、歩いたり話をすることはなかったという。
パンドラが麻薬中毒者になったのは、ルパートと一緒に暮らすことの重圧からだったというが、ジョセリンはこの事を非難している。

次女のポピーは母の事を「薬物中毒から必死に克服するために努力し、中毒に苦しんでいるのを見ていた。母は私が今までに遭遇した中で一番勇敢な人間よ。」と語る。
しかし、ポピーは自分の名前の由来はヘロインからきていると思っているという。
ヘロインはポピー(ケシの花)を化学的に変化させ作られるという。

現在はヘロインを克服しているパンドラだが、双極性障害(躁うつ病)に苦しんでいるんだとか。
「私はいくつかの困難な時期を経てきたわ。」とパンドラは言う。
疲れると非常にイライラするが、そうではない時は、気分は良くなるという。

そんな出来事があったデルヴィーニュ家族。
カーラも数日前に薬物疑惑があり、今は渦中の最中。
家族もきっと心配しているだろう。010デルヴィーニュ家族(チャールズ、パンドラ、クロエ、ポピー、カーラ)
家族は頻繁に集まるという。ポピーとカーラはベルグレイヴィアの実家に住んでいる。

030チャールズ、クロエ、ポピー、カーラ

tumblr_mjggotwoMp1rlwu74o1_1280パンドラとカーラ

Poppy+Delevingne+Pandora+Delevingn+Cartier+4ev4CYzlKCWxポピー、チャールズ、パンドラ

Cara Delevingne and Poppy Delevingne子供の頃のクロエ、ポピー、カーラ020