ピート・ドハーティとマコーレー・カルキン、パリで同居を始める


Macaulay-Culkin-y-Pete-Doherty-viviendo-juntos-en-Parísピート・ドハーティ(34)とマコーレー・カルキン(32)が同居を始めたという。
マコーレーがパリにあるピートの自宅に引っ越しをしたそう。
2人は、全編iPhoneで撮影されたオンライン映画『ザ・ロング・フェラーリ』の映画に出演し、共通の友人でミュージシャンのアダム・グリーンを通して出会ったという。

マコーレーはピートみたいなボヘミアン(社会の規範にとらわれず、自由放浪的な生活をする人)なライフスタイルが好きという。
一方のピートは、映画のキャリアを始動しようとしているといい、演技についてマコーレーと話をするのが大好きなんだとか。

奇妙な組み合わせで意外そうな2人だが、共通が多いという。
2人は詩と芸術に対する愛情について語り結束しているとか。

しかし、2人には薬物のゴシップが付きまとっている。
マコーレーは2012年、あまりの激痩せぶりから重度のヘロイン中毒で余命半年だと報じられていた。
数日前には、ロンドンでホームレスの男性と間違われてしまうという出来事も。
ピートは長期的な麻薬中毒でドラッグの使用を自伝で認めており、麻薬の不法所持やその不正使用から、たびたび逮捕され、リハビリ施設にも入所していた。

2人の共通の友人は「マコーレーとピートが一緒にいる事は悪影響でないよ」とコメントしている。

ピートのロックバンド、ベイビーシャンブルズは10月から英国ツアーが始まる。

一緒にいる事でお互いに悪い影響がないといいが…pete1 50th Foire du Trone - Opening Night