アンジェリーナ・ジョリー、亡き母からの手紙


article-2353816-1AC91D5B000005DC-741_634x582アンジェリーナ・ジョリー(38)の両親、ジョン・ヴォイト(74)とマルシェリーヌ・ベルトランは、1971年12月12日に結婚。
1972年に流産するも、ジェームズ・ヘブン(1973年5月11日生まれ)とアンジェリーナ・ジョリー(1975年6月4日生まれ)が誕生する。
しかし、2人の関係は、ジョンの不倫で1976年に破綻。
マルシェリーヌは1978年に離婚を申請、1980年に離婚が確定した。
2007年、マルシェリーヌは卵巣癌で56歳の時に亡くなっている。

離婚当時の事を、マルシェリーヌが友人マーサへ手紙として送っている。
マリー・マイルズ(マーサの娘)が最近になって、アンジェリーナの亡くなった母から来たとして、その手紙を公開した。

1977年に書かれたその手紙には
「私は一度死に、再び生まれ変わったように感じているの。
ジョンと私は別れる事になったの。
だけど、それは現在一番最善な方法だと思う。
私はとても強いわ、それに子供たちも私と一緒にいてくれるから元気なつもりよ。
人生ですべての混乱と否定を除いて、どんな変化にでも順応して、子供達と一緒に成長しようとしているの。
私に起きた、この出来事は、私の為に神が与えてくれた計画だと受け入れているから、もう心配はしていないわ。」

同じ年のクリスマス・カードには
「この出来事は私にとっては非常に難しい年だったわ。
だけど、私は今、前に進む勇気と力が、湧き始めているの。
これは神が私に与えてくれた道なんだと、ようやく認める事が出来たから私はもう心配していないのよ。
ジェイミー(ジェームズ)は4歳で、彼は私のために純粋な愛の形をみせてくれるの、愛の源ね。
アンジェリーナは今2歳なんだけど、彼女はセクシーで美しくて、おかしくて、とってもずるい子なの。
彼らは、背中合わせに眠ったり、スローダンスを披露してくれたりするの。
ジェイミーは1月にピアノの授業を始めるの、そしてアンジーは女優になるのよ。
昨日、彼らはクリスマスに私に何をくれるのか、私に教えてくれたの。
ジェイミーは、私が山へ行く場合、雪の上でも眠ることができるように、そりであるベッドを作ってくれるんですって。
アンジーは「決して枯れない花」をくれるって言ってくれたの。
彼らははとても素晴らしいわ。
毎晩、私の人生をこれらも2人の美しい子供達と過ごす事が出来る時間を与えてくれて、神に感謝しているの。」

驚くべきことにマルシェリーヌは、ジョンの不倫に悩まされたというのに、文句を言わず、ジョンの演技を賞賛していたそう。
「この春リリースされるジョンの新しい映画『帰郷』はとても素晴らしいし、彼にとっても大成功になりそうよ。
彼のパフォーマンスは素晴らしいし、間違いなくノミネートされるべきであると思っているの。」

最後に
「ジェイミーとアンジーは私の為に、甘い美しい特別なキスをしてくれるのよ。」
と書かれていたそうだ。

アンジェリーナとブラッド・ピットの結婚式が間近と言われているが、ハワイでの結婚式では、亡くなった母親に敬意を払いたいとして、母親の70年代のウェディングドレスを着用することを計画しているとも言われている。

ハワイはアンジェリーナにとって、母親との思い出が多くある場所のひとつで、マルシェリーヌは本当に幸せな気持ちになる場所だったという。

その後、フランスでのお祝いは、友人や家族を招いて、ブラッドとアンジェリーナの子供達のための大きなパーティーになり、夏が終わる前に開催されると言われている。

article-2353816-1AC91F0C000005DC-872_634x605 article-2353816-1AC91EF9000005DC-941_634x684 article-2353816-1AC91EC0000005DC-548_634x500 article-2353816-1AC91E68000005DC-68_634x842 70129y2_voight_j_c_b_gr_03