ウェントワース・ミラーがゲイだとカミングアウト


WentworthMiller003-1テレビドラマ『プリズン・ブレイク』で一躍スターとなったウェントワース・ミラー(41)がゲイである事を公表した。
ウェントワースは、サンクトペテルブルク国際映画祭に出席するために招待を受けたが、ゲイの男性としては、ロシア旅行は快適ではないと感じておりロシア政府の状況を非難している。

ウェントワースの手紙はアメリカの同性愛者権利擁護団体GLAADのウェブサイトに掲載された。

下記はウェントワースが宛てた手紙
———————–
親愛なるアヴェルバフ様

ご招待いただき、ありがとうございます。過去にロシアを訪れて楽しい時間を過ごした事もありますが、ロシア人の祖先がいる私には、イエスと言うことが幸せな事だと思います。

しかし、ゲイの男性として、私は辞退しなければなりません。

私は深く、現在のロシア政府による同性愛者の男性と女性の扱いに悩まされています。状況は許容されるものではないし、自分のような人々が愛するために基本的な権利を否定され認めてくれないという、国が主催するお祝いのイベントに参加することはできません。

おそらく、状況が改善したときとであれば、私は別の選択をすることが自由に出来ると思います。

その時まで。

ウェントワース・ミラー
———————–

ウェントワースは今年6月にロシアで同性愛宣伝禁止法が制定された事でこの招待を断ったという。

ウェントワースのゲイ疑惑は結構ささやかれていて、本人は「僕は男性が好きではないしし彼女が欲しいよ」と否定していたものの、2007年には、ゲイ俳優のルーク・マクファーレン(33)と一緒にいる所を目撃され疑惑が過熱していた。
ルーク・マクファーレンは2008年4月にゲイだとカミングアウトしている。

ウェントワースの今回の行動はとても勇気があると称賛されている。

21472005122860losg8ウェントワースとルーク・マクファーレン