健康になったマコーレー・カルキン


article-2455568-18B087B700000578-583_634x762薬物依存症で余命半年などと言われてきたマコーレー・カルキン(33)。

そんなマコーレーが、11日にニューヨークで開催された「コミコン2013」に登場。
以前より、ふっくらした様で健康的な体で姿を現した。

マコーレーはロボットチキンのゲストのとして登場した。

一時期は悲惨なヘロイン中毒といわれ、1日につき60本のタバコを吸っており、マコーレーを知る人物は
「彼に会うたびに、唇には常にタバコがあるし、猛烈に息を切らしているよ。」
とも言われていたが、健康そうになっており、このままの調子でいて欲しいものである。

article-2455568-18B088EF00000578-658_634x769 article-2455568-18B08BE200000578-480_634x825

ACLJC余命半年と言われていた以前のマコーレー。