ポール・ウォーカーの人生と残された家族とガールフレンド


ap090319021268ポール・ウォーカー(享年40)は、悲劇的な運命のねじれで11月30日午後に交通事故で命を失った
その場所はポールが生まれた所から現場で死体になって発見された場所カリフォルニア州サンタクラリタまで、ちょうど45キロの距離だった。

博愛主義者としても有名で友人や家族を大事にして育った。
ポールには5人の兄妹がおり、モルモン教徒の父親と母親に育てられた。
母親譲りの美貌を受け継ぎ、ポールは雑誌やテレビコマーシャルのオーディションに連れて行かれ、経済的に大家族をサポートするために2歳からモデルとして働いた。
十代の頃からアクションスターに憧れ、演技の世界に入った。

1980年代にはモデルとして活躍し、B級映画やテレビシリーズ『Highway To Heaven』や『Who’s the Boss?』などの出演をする。
初出演映画は1986年の『Monster in the Closet』。
1998年に長編映画『Meet the Deedles』に出演、名声を得る。
2001年、ヴィン・ディーゼルと共に出演したアクション映画『ワイルド・スピード』がヒットし、続編にも3作目を除き出演。

俳優やモデルもこなす一方で海洋生物学への強い情熱を持っており、チャリティ活動も熱心に行っていた。

ポールには元ガールフレンドのレベッカ・マクブレインとの間に一人娘メドウ(15)がいた。
レベッカが妊娠した時、ポールは25歳だったが、まだ若いという理由で結婚はしなかったそうだ。
メドウは13年間、ハワイで母親と住んでいたが、その後カリフォルニアに移動し、2011年からポールと一緒に暮らしていた。
ポールはメドウを人生のベストパートナーだと以前話していた。

ポールには結婚を約束した大学生のガールフレンド、ジャスミン・ピルチャード=ゴズネル(23)がいた。
2人が出会ったのはポールが33歳、ジャスミンが16歳の時で2006年頃からデートをしてきたそうだ。
17歳という年齢差は、愛の障害とはなっていなかった様だ。
浮き沈みがあった2人だったが、明るい未来を過ごすために7年間交際していた。

ジャスミンの叔父バートン・ブルーナーは
「ポールは本当に良い男だったし、ジャスミンはこの出来事で別れなければならない。
私は彼と一緒にゴルフをしたし、彼と一緒に感謝祭も過ごしたよ。」

ジャスミンは、カリフォルニア州サンタバーバラに住んでおり、ポールの娘メドウの継母になることを考え始めていた矢先だった。
ポールの死にジャスミンもメドウもとても悲しんでおり取り乱しているとか。

ポールの遺体の損傷は激しく同乗者のロジャー・ロダスと区別ができないほどで、検死が遅れている。
現在は身元確認のために歯の検査記録を取り寄せているといい、検死は今週中には行われる予定だそうだ。
事故原因はまだ明らかになってないが、車が故障をしていた可能性があるという。
運転をしていたロジャーはスピード違反をしていた可能性があるが、世界クラスのドライバーだったとも言われ、ロジャーがコントロールを失ったという考えは不合理とも言われている。

事故が起きた時、メドウは事故現場にいたそうだ。
メドウも、この日行われたチャリティイベントに参加していたそう。

『ワイルド・スピード』第7弾は現在撮影中だが、スタッフやキャストはポールの死にショックを受けており、製作は延期されるのではという見方だ。

£££100-for-this-picture-2873929

ポールが亡くなる30分前の写真

paul-walker-jasmine-girlfriend-01 paul-walker-1201-1 paul-walker-1201-33ポールとガールフレンド、ジャスミン・ピルチャード=ゴズネル

Paul Walker eating ice cream in Montreal, Canada paul-walker-shirtless-disc-golf-2 BaaqS23CYAAbjwE一人娘のメドウと

Monster-in-the-Closet_gallery_primaryarticle-2516303-19BFBF4B00000578-577_470x423 article-0-19C236C900000578-480_638x431若い頃