ミーシャ・バートンが不眠症で何年も苦しんでいる事を告白


175324420JF00051_Cosmopolitテレビドラマ『The O.C.』のミーシャ・バートン(27)が15年前から不眠症と不安に襲われている事を告白している。

「若い時はすぐに寝れる子だったの。
だけど高校生の頃から、睡眠の問題を持っていたわ。
ちゃんと寝れないから困るし、幼児期を通してかなり鮮明な夢と­悪夢をずっと見ていたの。
誰かに追われたり、ひどいものもいっぱい見たわ。
今でも異様な夢を見たりするの、昨晩にも見てしまったわ。
夢は私の潜在意識の中で起こっているから、何かを私に伝えたいと思って、いつも『ああ、私の神!それは何を意味するのですか?』と尋ねているわ。
だから私は、夢の内容を書きとめているの。
私が見た夢は私の人生に関連があるんだと確信しているから。

私は最初の映画『キャメロット・ガーデンの少女』(1997年・10歳)その後『ノッティングヒルの恋人』(1999年・12歳)で出演が続いたの。
その年齢で映画に取り組んだから、大量のエネルギーを使ったわ。
私は疲れきってしまった。

それに旅行もしなければならなかったから、昼夜が逆になったりするの。
夜は­問題で、睡眠不足を取り戻すためにはとても時間がかかったわ。
私は早い時期から十分な睡眠をとることが健康的なライフスタイルを維持するという事にとても重要か理解していたの。

十分に睡眠をとっていないと不機嫌になっていたわ。
集中する事に対して疲れてしまうしね。
アロマセラピー、リフレクソロジー、様々なリラクゼーション法、照明やベッドも快適な状態にして、色々な方法を試してみたわ。
時には副作用のないハーブ医薬品「Bonuit」を使ったりもしたの。
だけど二日酔いの効果みたいなのがあったし、あまり好きではなかったわ。
他にも様々な方法を試したわ。
ハーブティーを飲んで、クラシック音楽に耳を傾け、ヨガや呼吸法をしたり寝る前にキウイフルーツを食べるとかね。

色々やってみて、年齢を重ねて行くうちに、試行錯誤したりして睡眠とリラックスに上手く付き合える様になって、私の不安レベルが下がってきたの。
最近は安静感じながら眠る事も多くなってきたわ。
私は睡眠と休息がとても密接に感情的および精神的健康に結びついていると思っているの。
今まで困難な事もあったけど(2007年に飲酒運転とマリファナ所持で逮捕、2009年にアルコール中毒の為リハビリ施設に入所した)が、今の私は間違いなく違う感じよ。」

Mischa Barton Boutique London - Launch Party MISCHA BARTON at Women for Women International Gala Dinner