ジャスティン・ビーバーの逮捕時の詳細と横にいた女性が明らかに


rs_634x793-140123081127-634.Justin-Bieber-Mugshot.jl.012314_copyジャスティン・ビーバー(19)が、23日の早朝4時頃にマイアミビーチで飲酒運転やドラッグレースで逮捕されたが詳しい事がわかってきた。

警察がジャスティンを逮捕しようとした時、抵抗したと言う。
しかも、怒り狂ってFワードを吐いていたそうだ。

更に期限切れの免許証の運転で逮捕され、ジャスティンと友人は薬物やアルコールの影響下にあったとも言われている。
警察の報告書によると、警官はジャスティンの車に近づいた所、アルコールの匂いがしており血走った目をしていたため、アルコール検査を実施した。
なお、このテストでジャスティンは薬物の影響下にあったことが示されたという。

ジャスティンは最初から挑発的だったそうだ。
そして、警官に向かって
「なぜ、止めたんだよ!f**k!」と叫んでいたそうだ。

警察はジャスティンの衣類チェックをし、両手を車両に付けるよう命令。
ジャスティンは最初は応じたが、すぐに車から手をはずし、回って警官をののしった。
警官はジャスティンの右腕をつかみ、ジャスティンは警察の腕を引き離した。

報告書によると、30マイル(約48キロ)の住宅街を55〜60マイル(約89キロ〜97キロ)で運転していたそうだ。

ジャスティンの父ジェレミーは、別々の車でドラッグレースのシーンにいた事も伝えられている。
ジャスティンの逮捕時には、現場にいたそうだ。

警察の調べにジャスティンはビールを飲み、抗うつ剤や処方薬を服用、マリファナを吸っていたと答えている。

ドラッグレースが出来る様に、ジャスティンの友人達が道路に出て道を塞いでいたそうだ。
その時に一緒に逮捕されたのは友人のラッパー、カリル・シャリフ(19)。
カリルはデフ・ジャム・レコードのラッパーだった。
カリルは赤いフェラーリに乗っていた。

ジャスティンの黄色いランボルギーニ(約27万ドル(約2,800万円))とカリルの赤のフェラーリ(約26万ドル(約2,700万円))は、現在マイアミビーチの警察署に押収されている。
両車両ともレンタカーだそうだ。

article-2544599-1AE8849A00000578-442_634x790

逮捕時の映像

保釈金が設定された時の裁判

article-2544599-1AE78A8900000578-141_634x423 Justin-Bieber-in-the-passenger-seat-of-a-Lamboghini-in-Miami-3054165 Justin-Bieber--Mystery-girl-3053058ジャスティンの横に乗っている女性はモデルのシャンテ・ジェフリーズ。
カリルは、ジャスティンとシャンテが一緒に黄色いランボルギーニに乗っている写真をInstagramで投稿している。
22日の夜に、ジャスティンはシャンテとパーティーしていたそうだ。

シャンテはNFLスーパースターや、ジャスティン・コムズ(ショーン・コムズの息子)などとデートしていた事でも話題になっていた。
2011年にノースカロライナ州で無謀運転で逮捕された過去も明らかにされている。
その時の罰金は188ドル(約1.9万円)だったそうだ。

保釈は、飲酒運転の逮捕に抵抗し、期限切れのライセンスを持っている事などから2,500ドル(約26万円)に設定された。
警察は、ジャスティンの指紋をとり、マグショットを撮影、マイアミ・デイド郡拘置所に連れて行かれたことが確認されている。

0123-bieber-arrested-5©TMZ

article-2544599-1AE86F7800000578-450_634x478 article-2544599-1AE86F8400000578-276_634x944逮捕数時間前にクラブで楽しむジャスティンとシャンテ

article-2544599-1AE8499500000578-36_634x535

BercRNJCMAAwi_pカリルのマグショット
保釈金は1,000ドル(約10万円)に設定された。

シャンテ