フィリップ・シーモア・ホフマンが死体で発見される


"The Master" Premiere - The 69th Venice Film Festival俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンがマンハッタンの自宅アパートで死体で発見された、46歳だった。

死因はまだ決定されていないが、薬物過剰摂取の可能性が高いという。
浴室内で亡くなっていたフィリップの腕には注射器が刺さっていたと伝えられている。
ヘロインの袋も散らばっていたそうだ。
2月2日、フィリップが倒れているのをパーソナルアシスタントが発見、午前11時15分頃、911を呼んだ。

警察は現在も現場検証にあたっている。

去年5月に、フィリップはヘロインなどの薬物依存症の治療を受けていると告白、リハビリ施設に10日間入所していた。
22歳の時に薬物とアルコール依存症の為、リハビリ施設に入所していたそうだが、その後の23年間は薬物を使用しなかったそうだ。
しかし、約1年以上前からまた使用するようになったという。

映画『カポーティ』ではアカデミー賞主演男優賞を受賞している。

私生活では、長年のパートナーの衣装デザイナー、ミミ・オドネルと1999年から交際、2人の間にはクーパー(10)、タルーラ(7)、ウィラ(5)がいる。
ミミは、この知らせを聞いた時、泣き叫んだそうだ。

philip seymour hoffman12 arrives at the "Moneyball" World Premiere Hoffman, Philip Seymour & O'Donnell, Mimi 1142743-please-hide-children-s-faces-prior-to-950x0-1

ミミと息子