セレーナ・ゴメス、リハビリ施設に入所していた


Hollywood Stands Up To Cancer Presented By The Entertainment Industry Foundation And Event Chairs Jim Toth And Reese Witherspoon Benefiting Stand Up To Cancer - Red Carpet今年1月、セレーナ・ゴメスが密かにリハビリ施設に入所していたそうだ。

1月5日、アリゾナ州のメドウズ・リカバリー・センターに入院し、施設で2週間過ごしたという。

セレーナの担当者によると
「セレーナは、若い人によくある感情的なトラウマに苦しんで、自主的にリハビリ施設に入所しました。
薬物やアルコールで苦しんでいた訳ではありません。」

担当者は薬物の噂を否定しているが、MDMA、マリファナ、ザナックス(抗不安薬)とアンビエン(睡眠薬)のような処方薬を使用していたと言われている。

セレーナが、こうなってしまったのは、元カレのジャスティン・ビーバーのせいだという報道も。

セレーナの友人や家族は、セレーナに深刻な問題が存在する可能性があり、心配になったという。
特に、セレーナの両親が心配していたそうだ。
セレーナはパーティーに出たときは狂ったようだったとか。
彼らはセレーナを助けたいと思い、リハビリに行く様に、セレーナを促したそうだ。

去年の12月には自分自身の時間を大切にしたいという理由で、オーストラリアツアーをキャンセルしている。

Selena Gomez grabs Breakfast before an important Business Meeting2014.1.29

Selena Gomez Steps Out For Some Lunch Today2014.1.31

Selena Gomez wearing high waisted jeans2014.2.3

Selena Gomez Is In The Mood For Pizza2014.2.4