クリス・ブラウンが双極性障害と診断される


04クリス・ブラウンが双極性障害と診断されたようだ。

28日、クリス側が提出した書類によるとクリスが攻撃的になってしまう行動は、双極性障害、重度の不眠や心的外傷後ストレス障害が原因だという。
更にリハビリ施設側からの手紙には、クリスが双極性障害II型と診断されたと書かれていたそうだ。

クリスは母親ジョイス・ホーキンスと一緒に公聴会に出廷し、リハビリ施設での様子などを伝え、リハビリ施設では90日間の管理療法を終え、実際には95日滞在した。
現在は適切な薬を服用し、リラクゼーション方法を身につけ、マリファナを含め、薬物の検査では陰性だったそうだ。

リハビリ施設側の説明によると
「クリス・ブラウンは本当によくやっていると思います。
彼は5時に起床し、懸命に働いて、社会奉仕活動も真面目にやってきました。
彼が人生を良い方向へ変える事が出来たように、リハビリ施設で学んだことを高く評価し裁判所に通知したいと思います。」

しかし、去年起こした暴行事件の裁判が終わるまでリハビリ施設で治療を続けることを裁判所は命令、再び施設に戻らないといけないという。

アリアナ・グランデとのコラボレーション曲のミュージックビデオを撮影中